« マイク | トップページ | 案内 »

音声編集ソフト

音声を録音したり、録音した音声データを加工するソフトウェアは色々あります。
(“音声”とは何も声だけのことでなくて、音楽など全般です)
何もお金を出して購入せずともフリーウェアでも素晴らしいソフトがあります。
SoundEngineFreeなどは代表格でしょう。

素材のいらない部分を切ったり、一部分をコピーして繰り返したり、エコーをかけて音を変化させたりと多彩な機能があります。
いかんせん音声編集ソフトの人にとってはちんぷんかんぷんなのですが、無償でこれだけのソフトが使えるのだから贅沢は言ってられません。
試行錯誤して覚えましょう。オンラインヘルプもあります。

BGM付きラジオ番組の制作や、カラオケに歌を入れるなどの作業に向いたRadioLineFreeという兄弟ソフトもあります。
いわゆる複数の音を重ねて編集したい場合にはこちら。

また音の加工(エフェクト)の豊富さを除けば上記ふたつよりもAudacityのほうがオススメかもしれません。
かなり使いやすく音を重ねることも可能で、ネット上にHow to講座が充実しているのも大きいです。
基本的な録音編集は十分出来ます。




多少はお金を出せるというならば、やはり何らかの製品を買うと使いやすく機能もより良いものが手に入ります。
安価で性能が高くオススメなのはEDIROL Music Creator4。
7,000円程度で操作感の良いマルチトラック編集が可能です。

音楽制作用のソフトですが、別に音楽に限らず音声を録音したり編集するのに使えます。
基本部分は10万円もするような高級ソフトウェアと共通していたりするので性能や音質は折り紙つき。
数年前までは同じ値段でももっと性能が悪かったのですが、時代が進んだおかげで相当コストパフォーマンスは良くなっていると思います。
オーディオインターフェースとセットになってお得なパッケージもあります。

またオーディオインターフェースを購入すると音声編集ソフトが付属してくる例も少なくありませんので
どうせオーディオインターフェースを買うつもりなら、わざわざ単独で編集ソフトを買う必要はないです。

|

« マイク | トップページ | 案内 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音声編集ソフト:

« マイク | トップページ | 案内 »